当社は、ペプチド模倣低分子化合物を用いて新薬を開発することを目指して2006年に設立されました。 10年以上にわたる研究開発の結果、臨床開発化合物を見出し、数多くのシード化合物を生み出しています。

PRISM BioLabは、 PepMetics™ 技術を用いて、これまで創薬が困難とされてきた標的に対して有望な化合物を見出す技術を確立してきました。

PRISM BioLabの使命

PRISM BioLabは、 PepMetics技術によって「創薬不可能」だった標的を「創薬可能」にし、治療法のなかった病気を治療することを目指しています。